ARCHIVE
2022.03.07
福祉施設として利用されていた店舗。
商店街の空き店舗や近隣ニーズなどの現状を商店街理事さん達が案内。
物件の現況と活用条件などのレクチャーを受ける。近隣には大学もあり参加者に学生も多い。
可能性の大小は問わず大胆かつユニークな提案が飛び出す!建築家植村康平氏の現況模型を前に楽しい会議が続く。
植村氏自らが事業者として名乗りを上げ、1階は奥様の焼菓子店、2階はご自身の設計事務所を作るプランを提案。
椙山女学園の学生さんも参加して家具製作とモールテックスの左官DIY。
街に対して洒落た雰囲気を醸し出している店は、商店街に新たな顧客や出店者を呼び込んでいる。